病院

腎臓病の真実をお知らせします|体内環境改善したい

機能を残すために

医者

早く治療を始める

腎臓病には、様々な種類がありますが大きく分けると急性のものと慢性化したものになります。急性の腎臓病ならば、早く治療を始めることで腎臓の機能を戻せる可能性がでてきますが、慢性化してしまうと機能を戻すことが困難になります。薬による治療が一般的ですが、食事を改善することで腎臓病の症状を軽減させることができます。急性ならば、食事をきちんとして原因が取り除かれれば腎臓病の症状はなくなります。これからも、食事療法がよく行われていくといえます。慢性化している場合でも、放置しなければ人工透析などを行うリスクを減らすことが可能です。食事を変えることは、誰でもできますし必要な栄養素やカロリーは医師に相談すれば適切に教えてもらえます。

健康的な生活をしよう

腎臓病になれば、食事を改善することが一般的ですが、それ以外にも症状を悪化させないためにできることがあります。疲労をためないことから始めていくとよいです。寝不足などが続けば、体に負担をかけることになります。そうなれば、腎臓にも影響が出てきますので睡眠をきちんととることです。ストレスが増えることで、血の流れが悪くなることも腎臓病を悪くしてしまう要因になりえます。好きなことをするなどして、ストレスを減らすことも重要といえます。腎臓病の進行状態によっても変わりますが、過度な運動は腎臓に負担をかけます。医師から運動を制限されている時は、無理せずにできる範囲で体を動かすことです。腎臓病をよくしていきたいならば、毎日規則正しい生活習慣を身につけることを忘れてはいけません。