病院

腎臓病の真実をお知らせします|体内環境改善したい

腎臓を守っていく生活へ

笑う老人

食生活の乱れに注意

腎臓病は排尿機能が上手くいかない症状が見られ、高齢者を始めとして多くの人が発症してしまう病気です。原因は、加齢によるものもありますが、肥満などの生活習慣が影響してしまう人も少なくありません。腎臓は食べたものをエネルギーに変えて、排泄させる機能を持ちますが、余計な栄養分の取り過ぎで働きが鈍くなってしまうことで起きます。腎臓病になりやすい人は食生活の偏りが多くあったり、食べ過ぎたりすることによく見られます。腎臓病は治療をしていくことで症状も抑えられますが、まずは食生活を見直していかなければいけません。治療中または腎臓病予備軍の人は、病院で適切な食事指導を行っているので、これを参考にしていけば負担も減ります。病院では栄養士による指導で毎日の食事をアドバイスしてくれるので、食事に関するいろいろな相談にも乗ってくれます。

主な治療法

腎臓病の主な治療は、基本的に食生活の見直しと、症状によって透析や必要な場合は腎臓移植などもあります。食生活では、たんぱく質と塩分を抑えた食事療法が勧められます。たんぱく質や塩分は過剰に摂取すると腎臓の負担になってしまうため、極力抑えていかなければいけません。そして、症状が進行した場合は、透析によって血液を健康的な状態へ維持していきます。腎臓病で排泄が上手くいかない状態では、血液中に毒素が万永してしまうので体には良くありません。透析で血液をきれいに濾過していく方法を定期的に行っていく必要があるので、腎臓病でこれを受けている人は多いです。こういった治療で腎臓に負担をかけることなく、体も支障がないように守っていくことができます。